事故がきっかけでストレスに成り便秘に!看護師さんと母が付いてくれて便器に座った後は脂汗をカキながら。

最初に便秘を覚えたのが、事故に遭った中学生の頃です。

入院して生活環境が変わると途端に体調も崩れてアッと云う間に悲惨な状況に成りました。

松葉づえを付いてトイレに行くのは可也大変な事で、看護師さんと母が付いてくれて便器に座った後は脂汗をカキな

がらで産みの苦しみ(経験はしてませんが)と見て居た母が云ってました。

痛いし出したくない程固いので、トイレに行くのがとても嫌でした。

精神的にも不安が大きく、本当に治るのだろうか骨折した足で歩ける様になるか常に頭に有りました。

ストレスも便秘に大きく関わっていたと思いますが、偶に切れる事も有りました。

痛くて座るのが辛い事も頻繁で、習慣付いて居た様です。

便秘の為良い思い出は殆ど無い入院生活でした。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています。

 

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ