働くオリゴ糖、そのさまざまな効用とは。プレーンヨーグルトにはオリゴ糖なる白砂糖が添えられているのか。

子供の頃、どうしてプレーンヨーグルトにはオリゴ糖なる白砂糖が添えられているのか、普通のお砂糖とどう違うのかといつも不思議に思っていました。そこで、自分なりに検証すべく、黒砂糖や三温糖を入れてヨーグルトを食べてみると、味が違うし溶け具合も違う、ということはこの顆粒に秘密があるのだろうかと更に疑問に思っていました。
オリゴ糖は、ビフィズス菌といった腸内に存在する善玉菌を増やす働きがあり、体内を浄化する作用さえもあるということを知ったのは、大人になってからです。
腸内に存在する善玉菌悪玉菌については、常在している菌たちの重さだけで成人で1キロ以上もあり、腸内細菌と呼ばれまさに人間を宿主として生活しているといわれています。そもそも1キロ以上もの菌を抱えて生きているとは思いもつかない上に、それらが私たちの食事からの栄養消化において大きな役割を果たしているとは想像もつきません。
さらにその腸内細菌のうち善玉菌が活躍することで、体調良く過ごすことが出来るというのですから、自分だけの力で生きているようで実は体の中でさえも他者の力を借りて生命を維持しているというのは、本当に命の神秘です。しかもその働きをオリゴ糖が助けている、まさに身体に取り入れる小さな戦士といえましょう。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています。

 

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ