オリゴ糖の、相性抜群のお相手は誰?腸内細菌を活性化したり、便秘を解消してくれたり、その上低カロリーだったりします。

オリゴ糖は、腸内細菌を活性化したり、便秘を解消してくれたり、その上低カロリーだったりする、私たちにとって有難い存在ですよね。

そんな、単独でも十分魅力的なオリゴ糖くんですが、実は相性抜群のパートナーがいるのです!

それは、みんなのお腹の味方、ヨーグルト。
ヨーグルトはビフィズス菌を増やして、腸内環境を整えるのにぴったりな食品です。
私も最近毎日たべていますが、やっぱりお腹の調子が良いですね^^

そんなヨーグルトさんですが、実は含まれているビフィズス菌の多くが、胃液で死んでしまっていることは意外と知られていません・・・・。
食事を消化してくれる胃液の力は強力で、腸まで生きて届いているのはごくわずかなのです。

そこで、オリゴ糖の出番です。オリゴ糖は、ビフィズス菌の大好物!
ヨーグルトとオリゴ糖一緒に食べることで、胃でビフィズス菌がどんどん増加します。

もちろん、胃液で死んでしまうビフィズス菌は相変わらず出てしまいます。
しかし、ビフィズス菌の総数が増えているので、より多くの菌が"生きて"腸まで届くのです。

腸までいければこっちのもの。
オリゴ糖があることで腸についてからもビフィズス菌、つまり善玉菌が増えやすくなるのです。
一緒に食べることで、お互いの効果をより高めてくれるんですね。

 

オリゴ糖くんとヨーグルトさん・・・
お互いを高めあえる、まさにベストパートナーといえるんではないでしょうか^^?

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています。

 

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ