甘いのに身体にやさしいオリゴ糖。ビフィズス菌をはじめとした腸内の善玉菌を増殖させる効果がある。

皆さん、「オリゴ糖」食べていますか?

昨今の健康ブームの中、随分と「オリゴ糖」という言葉も身近なものになってきましたが、実際にオリゴ糖を日々の食生活に取り入れている人はさほど多くないような気がしています。オリゴ糖という言葉は知っていても、どう身体に良いのかを知らないという方もまだ多いのではないでしょうか。

オリゴ糖に期待される健康効果は、何といっても腸内環境の改善!
オリゴ糖にはビフィズス菌をはじめとした腸内の善玉菌を増殖させる効果があるため、摂取することで腸内の環境を良くすることができるとされているのです。

腸内環境が整えば、お通じが良くなることはもちろん、免疫力アップや、アレルギー症状の緩和など様々なことに効果があるとされていますから、腸の健康はとても大切。
オリゴ糖は、その腸の健康維持を助けてくれるものなのです。

基本的にオリゴ糖は液状で、スーパーなどで売られています。
味は、さっぱりとした甘みでクセがなく、質感はハチミツや水あめのよう。
わたしは、ヨーグルトにかけたりシリアルに混ぜたりして食べています。

甘いのに健康のためになるオリゴ糖、ぜひ試してみてください!

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています。

 

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ