自律神経の乱れが太る原因

自律神経には、

  • 交感神経
  • 副交感神経

があります。

忙しく活動しているときに働くのは「交感神経」で、
リラックスしているときに働くのが「副交感神経」です。

一般的に
日中は「交感神経」が優位になり、
夜は「副交感神経」が優位になります。

この自律神経のリズムが崩れてしまうと、
食欲のコントロールがおかしくなります。

十分な食事を摂っているのに満腹感が出ません。
満腹にならないだけでなく、
食べても食べてもおなかが空いた状態になってしまいます。

この食欲に身を任せてドカ食いしてしまったら、
太るのは当然ですよね。

自律神経のリズムを整えるには、
正しい生活習慣が大切です。

朝起きて活動し、夜になったらしっかり休む。

腸が活発に働くのは夜なので、
その時間に活動してご飯を食べると、
腸は活動を終わらせることができません。

痩せるためにも健康のためにも、
できる限り規則正しい生活を送りましょうね。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています。

 

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ