モテたい一心でダイエットを決意。高校2年生まで立派な肥満児でした。

私は高校2年生まで立派な肥満児でした。学校が終われば真っ直ぐ家に帰って、テレビの前に横たわり、スナック菓子片手にコーラという生活でしたから、これで太らないわけがありません。それでも幸いか、性格が明るい方で割と社交的でしたので、友人関係にも恵まれ、それほど太っているということが気になることもありませんでした。

しかし、思春期にもなると話は別です。周囲がデートプランや休み時間の少しの間に彼女と連絡を取り合ったりする姿を見て、普通に羨ましくなったのです。しかし、この体型で告白したところで上手くいく確率はほぼゼロパーセント。

そこで初めてダイエットを決意したのです。ダイエットとは自分との闘いと言われるように、いかに誘惑に打ち勝つかどうかがポイントになります。そこで夏休みの一か月を利用し、誰とも連絡を取らない隠居生活を始めました。あとは間食を止めて食事制限と適度の運動を毎日こなして、何と一か月でマイナス15キロの減量に成功しました。

そのあとの学園生活がとても有意義なものとなったことは、言うまでもありません。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています。

 

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ