日本人的納豆付き朝食でダイエット。Lカルニチンの効果。

今までで個人的に最も効果があったダイエット食材は納豆でした。
朝食の時に納豆を食べて一日生活すると、夜には体脂肪率が少し減っているという日が多く続いたのです。朝にはまた体脂肪率は少し回復してしまっていたので、決して痩せ続けるわけではなかったけれど、体重と体脂肪率の維持にはとても役立っていました。

なぜなのかと調べてみたところ、納豆にはLカルニチンという成分が含まれているもよう。このLカルニチンは脂肪の燃焼を助けてくれるそうです。
しかも、Lカルニチンは朝摂取すると一日の脂肪燃焼効率を上げてくれるらしいのです。どうやら知らず知らずのうちに効果的なLカルニチンの摂取を行っていたみたいです。

Lカルニチンを納豆よりもはるかに多く含む食材はラム肉などの赤身のお肉だそうです。とはいえ、朝から赤身のお肉をガッツリ食べるのは少々ハード。
ここはやはり日本人らしく納豆を食べる朝食を続けていこうと思います。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています。

 

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ