ダイエットの失敗から学ぶ。停滞期とは、簡単に言うと痩せにくい時期です。

ダイエットには様々な方法がありますが、個人により合う方法、合わない方法があります。私は運動のダイエットが苦手です。ウォーキング、プール、ジョギングなど試してみましたが、芳しい結果は出ませんでした。失敗の原因を特定してみることにしました。

■失敗の要因
様々なダイエット、共通して言えることは続けることです。仕事などの関係で運動できない日も多々あり、失敗してしまいました。では続くダイエットとは何でしょうか。

■成功するダイエット
継続できるもの、それは食べることです。食べることは1日のうちで1回以上はありますので、それに取り入れることにしました。自然と継続できます。こつこつと続けることが重要であり、諦めてはいけません。運動もそうです。これで私は成功しました。

■停滞期
ダイエットを行っていると、停滞期というものがやってきます。停滞期とは、簡単に言うと痩せにくい時期です。これは誰しもやってきますが、そこで耐えるか耐えないかが勝負のカギになります。ここでもやはり継続が必要になり、食べることが一番簡単だと言えるでしょう。モチベーションもあまり低下しません。

以上が私のダイエット失敗から学んだことです。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています。

 

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ