ダイエットの時の体重測定。体重とは骨や筋肉や脂肪のほかに、胃腸の中身も含まれる。

ダイエットをする時は、必ず体重をはかると思いますが、その測り方を間違っているひとはいませんか?

よく、一日に何度も測って体重が増えた、減ったと一喜一憂している人がいますが、体重なんて、一日の中で変動するものです。

例えば、200グラムのステーキを食べたのに体重が変わらなかったとしたら、食べたはずのステーキはどこへ行ってしまったのでしょうか?200グラムのステーキを食べたら体重は200グラム増えます。
逆に、トイレに行けば体重は減ります。
体重とは骨や筋肉や脂肪のほかに、胃腸の中身も当然含まれるわけですから、そこを忘れてはいけません。

基本的に大樹は一日に一回測れば十分です。測る時は毎日同じ時間に、同じ服装で測りましょう。服の分の重さもありますからね。
わたしの場合は、毎朝、トイレに行った後に、全部服を脱いでから測っていますよ。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています。

 

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ