夕食から糖質を撤廃してダイエット。主人が糖尿病になり、食事療法しました。

主人が糖尿病になり、食事療法に長いこと取り組んできましたが、あともう少しというところで中々良い結果がでませんでした。

けれども、夕食から糖質のもの、例えばご飯やイモ類を撤廃してから、徐々に血糖値が下がっていきました。
それと同時に、主人の内臓脂肪レベルもダウンし、体重も3kg程落ちました。

この夕食から糖質を撤廃するという方法をとるまでに、大方の余分な体重は落としてきておりましたが、
それからさらに3kgもこの方法で落とすことができました(主人の身長は172㎝の63kgでしたが60kgになりました)

私も主人に合わせてご飯抜きにしました。イモ類程度は食べていましたが、それでも一月後には、1kg程体重が落ちました。確かに寝る前はお腹が空いてしまいますが、続けるとなれるものです。そして布団の中で、翌日の朝食を楽しみにして床につくと、消化に手間取らないためか、ぐっすりと眠れ、朝も快調に起きれます。
この方法で、私たち夫婦は、一石で二鳥も三鳥も落としました。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています。

 

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ