職場の同僚が糖質制限ダイエット。食事で糖質を接種することで血液中のブドウ糖が増えるそうです。

職場の近くでランチの大盛りフェアが開催されていたので、同僚を誘ってみたのですが、あっさりと断られてしまいました。
彼曰く、糖質制限ダイエットを実施しているとのことでした。

詳しい仕組みは定かではありませんが、食事で糖質を接種することで血液中のブドウ糖が増えるそうですが、インスリンの働きでブドウ糖が血管の外へ出されて脂肪として体に蓄積されるとのことです。
糖質の接種自体を減らすことで、脂肪を増やさないようにするのが、糖質制限ダイエットの意図するところらしいです。

以前、テレビで糖尿病が取り上げられていて、糖質制限食が食後の血糖値上昇を抑え、糖尿病治療に大きな効果があるというのを見たことがありましたので、ブドウ糖が脂肪として蓄積されるのを抑えるというのも頷けます。

しかし、ご飯やパスタ、ラーメンの好きな自分にとっては、糖質制限は極めてハードルが高いダイエットです。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています。

 

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ