冬のダイエットの方針を考え中です。ビールではなくて熱燗や焼酎お湯割り、ホット梅酒といった暖かいお酒が恋しくなってくるので今困っています。

今年の夏のダイエットではビールの代わりに炭酸水を飲んで私の大好きなお酒のダイエット対策は成功したのですが、こう寒くなってくるとビールではなくて熱燗や焼酎お湯割り、ホット梅酒といった暖かいお酒が恋しくなってくるので今困っています。

私の冬のお酒のダイエット対策として何か良い方法はないかと雑誌やネットで検索中です。お酒にはどうしてもダイエットの敵となってしまう糖質が沢山含まれていますから、太りやすい体質の私は特にすぐに太ってしまいます。

今のところ健康に良いとされている生姜紅茶にダイエットに効果的なオリゴ糖で甘みを加えて様子をみています。それでもかなり熱燗やお湯割りを飲みたい気持ちがセーブされているのでとりあえずもっと良い方法が見つかるまでは生姜紅茶にオリゴ糖で乗り切ろうと思います。年末年始はダイエットを気にせずお酒を飲みたいので頑張ります。

 

タグ

お米好きが炭水化物を抜くダイエット。毎食抜くのは辛いので夜だけお米を抜いておかずだけ、サラダだけ、スープだけとゆう食生活にしてみました。

私は元々、お米が大好きでパンはおやつにしか思えません。よく朝食はパンって方もいますが私は朝でもお米派です。そうなるとお米に合うおかずが必要でしょっぱい物なら尚更お米がモリモリ進みますよね。これが太る原因なんでしょうね。

そこで私は、毎食抜くのは辛いので夜だけお米を抜いておかずだけ、サラダだけ、スープだけとゆう食生活にしてみました。それでもお米が大好きな私は夜だけ抜くのも辛かったです。でも翌朝、体重計に乗ると500グラム減っていました。減っていなかったら頑張れなかったと思いますがなんとか続ける事ができ毎朝体重を計るのが毎晩楽しみで仕方なかったです。

結果目標としてた5キロ減に成功し今は維持のため気持ち夜は控えめに食べるようにしてます。

 

タグ

ダイエットは血液中の脂肪をなくさないと無理。つまりドロドロの血だとダイエットは成功しないという事です。

私が思うのはダイエットを成功する為には、血液中の脂肪を減らしたり、なくしたりしないと効果がないと思います。つまりドロドロの血だとダイエットは成功しないという事です。だから体重も簡単には落ちないという事。今までの食生活でため続けた脂肪がすぐの食事制限では落ちないのもその為だと思います。
その為にダイエットは1週間以上続けないとすぐには痩せません。私も最初の1週間はほとんど痩せません。例えば断食をしたとしてもすぐには落ちてくれません。ですので普段の食生活を変えて、まずは血をきれいにしましょう。そこから運動や食事を制限すると一気に落ちてきます。私はこのダイエットの仕組みをわかってからは体重が簡単に落ちるようになりました。是非試してみてください。

 

タグ

ダイエットの継続のためにアプリ導入。私が使っているアプリは腹筋の回数と体重の変化がグラフ化できるというものです。

今、腹筋ダイエットに励んでいるのですが、一ヶ月を過ぎた辺りからどうもサボりがちになってしまいました。

とりあえずお腹の脂肪を減らしたくてはじめたのですが、最初の一ヶ月でうっすらと腹筋が見えるようになってきて、毎日腹筋するのが楽しくなってきたのですが、しばらくすると腹筋には大した変化が見られなくなり、だんだんサボるようになってしまいました。

よく言われる停滞期というやつでしょうか。

そこで私はアプリを使ってやる気を奮い起こすそうにしました。私が使っているアプリは腹筋の回数と体重の変化がグラフ化できるというものです。

体重は100gからグラフ化できるので毎日の変化が見られるし、腹筋は毎日の積み重ねでどんどん回数が増えていくので楽しめます。

なかなか体重が減らずに目標を見失いがちなダイエットもアプリで新たに目標設定するのもいいかもしれませんね。

 

タグ

炭水化物抜きダイエット。もともと血圧は高かったのですが、薬を飲んでも血圧が下がらなくなってきたのです。

私は体重が105Kgありました。身長は175cmくらいなので、すごく太っている、というより『大柄で包容力がありそう』な人に見えているだろう、と自分を分析していました。また仕事も高齢者を対象にした福祉系ですので、特におばあさん方には『くまさん、くまさん』と可愛がられ、ダイエットしようなんてこれっぽちも思いもしませんでした。
ところがある日、私の体に異変が起きました。もともと血圧は高かったのですが、薬を飲んでも血圧が下がらなくなってきたのです。右腕のしびれがはじまりました。更に、あろうことか視野が狭くなってきたのです。今までの世界と見え方が明らかに変わり、さすがに『これはまずい』、と病院にいきました。
『成人病予備軍』。医者にそう告げられ、やっと現実が見えた気がします。子供もまだまだ小さいのに、私が体を壊すわけにはいかない、と。
それから毎食の、あらゆる炭水化物を摂らないようにしました。パンもごはんもパスタも芋も。1ヶ月で10Kg体重が減りました。食べ過ぎだった自分を日々自覚しながら食事をしました。
現在体重は70Kg。周りからは『病気じゃないか?』と言われますが、ダイエットのおかげで体調も良く、20年ぶりに感じる爽快さであふれています。

 

タグ

季節の変わり目にいつもダイエット。縄跳びを選びました。200回を1日に2回飛ぶことにしました。

季節の変わり目、特に衣替えをするときに「ダイエットしなきゃ・・・」と思います。

ダイエットを始めるにあたって私がまずすることは体重計に乗ることです。
そして全裸になって姿見でじろじろとよく全身を見ることです。
これらは夜中に一人でします。

体重の増加におもいっきりへこみ、体型の変化をおもいっきり笑い飛ばします。
それらをすると、テンション高い状態からふと覚めたときに、冷静に自分の状況を
見ることができるんです。

冷静に状況を見つめた後は、自分が今回のダイエットのためにお金と時間を
どれくらいかけられるのか、外に出られるか、家の中だけかなど、毎日の生活を
思い出しながら考えます。

今回のダイエットの方法として私はベタですが縄跳びを選びました。
200回を1日に2回飛ぶことにしました。各回5分かからないこと、庭でできることが
私には楽だからです。

また家の中でできるものとして、骨盤枕ダイエットとロングブレスダイエットにも興味があるので
調べてみるつもりです。

 

タグ

バナナダイエット体験談。体重は少しづつ減っていったのですがここで難点が。バナナにあきてしまったのです。

以前バナナダイエットが大々的に流行る前に行っておりました。
私は夏場になると食が細り、また仕事もたいへん忙しかったため、朝ゆっくりと時間が取れず、ご飯を食べる時間も惜しいという状況で、朝ごはんを食べない日もありました。
そんな時、バナナダイエットの存在を知り、急いでバナナを買ってきました。

毎朝バナナを食べたおかげか、体重は少しづつ減っていったのですがここで難点が。バナナにあきてしまったのです。
そんな頃にちょうどバナナダイエットが流行り、テレビ等でも取り上げられることとなりました。
そこで、バナナの上手な調理法として、バナナシャーベットシェイクがやっていました。

作り方は簡単。バナナを薄くのばし、凍らせたものを牛乳と一緒にミキサーにかけるだけです。
それだけで冷たく、また牛乳と一緒なので飲みやすくなり、バナナが効率的に摂取することができるようになったため、ダイエットとしても継続することができました。

夏の期間のみではありましたが、短期間で5キロほど痩せました。
短期でどうしても痩せたい人にはおすすめです。

 

タグ

このページの先頭へ